新学習指導要領における小学校の算数の教科書の変更・追加点は以下のとおりです。

全領域をわかりやすく再編

新しい改訂では、従来の四つの領域「数と計算」「量と測定」「図形」「数量関係」からなる学習内容が大胆に編成されました。最大のポイントは「数量関係」が解体されたことと、「データの活用」が新たな学習領域に加わったことです。新学習指導要領では、、指導しやすく、学びやすい形になりました。

新しい算数(東京書籍)

「データの活用」が独立領域に

図形やグラフは学習や生活、将来の職業において必須のツールと考えられており、子どもたちがそこから情報を得たり、作成したりする機会が激増しています。 図表・グラフを学びの対象とするのは算数・数学です。その意味で「データの活用」は基礎的な学びと言えるでしょう。

たのしい算数(大日本図書)

「割合・比」は強化の重点項目

割合は算数・数学の中でも屈指の重要事項であり、実生活などでも極めて利用範囲が広いのですが、近年の全国学力調査では物足りない結果が出ています。そのため、今回の改訂から、今まで小5から学んでいた割合を、小4からに変更し、より効果的に割合の範囲を定着できるようになりました。

みんなと学ぶ算数(学校図書)

練習問題が増加。確実な定着を目指す

新しい教科書では練習問題が明らかに増加し、「知識・技能」の確実な定着を図っています。

小学算数(教育出版)

プログラミング教育

小学校のプログラミング教育では、次の二点を目的としています。①身近な生活でコンピューターが活用されていることに気づくこと。②問題の解決には必要な手順があることに気づくこと。決して、プログラミングの言語や技能を習得するのが目標ではなく、特に②が重要で、課題の解決に論理的にアプローチする「プログラミング的思考」を経験し、身につけていくことを目指します。

わくわく算数(啓林館)

算数で触れるプログラミングの例

小学算数(日本文教出版)